キンコミ kintone user community

お知らせ

カテゴリを絞る

全て インタビュー

全てのカテゴリ 58件

カテゴリを選ぶ
カテゴリを選ぶ

ユーザー画像

【キンコミユーザーインタビューvol.5】創さん 検索すれば答えがある世界へ。「自分的アップデート」を投稿する理由とは?

こんにちは、キンコミ運営事務局のりょうです。 8/17-18開催のCybozu User Festival 2022、もうチェックいただけましたか?私はこちらの運営にも携わっており、現在準備がラストスパートを迎えています! 皆さまにご協力いただいた kintone活用術のセッションもございます。2日間ともにオンライン配信なので、お気軽にお申し込みくださいね〜。さて、本題に戻りまして、キンコミに書き込んでくださっているユーザーさんのリアルな声をうかがう「キンコミユーザーインタビュー」第5弾のお知らせです。過去の記事はこちら 〈vol.1〉〈vol.2〉〈vol.3〉 〈vol.4〉キンコミユーザーインタビューでは、キンコミを活用しているユーザーさんはどんな悩みを持って、どんな気持ちでキンコミに書き込んでいるのか。kintoneのコミュニティに関わってみて、どんな変化が起きたのか。そんなユーザーさんの生の声をお届けしています。キンコミユーザーインタビュー第5弾のゲストは創さんです。――まずは、創さんの自己紹介をお願いします。東大阪にある社員数12名のBtoBの調理器具商社兼メーカーで働いています。担当する業務は、設計からWEBマーケティング、営業、kintoneの運用、社内システム管理などです。入社してからkintoneを使い始めて、kintone歴は2年です。――おぉ、業務が幅広いですね。どのようにkintoneを使っているか教えていただけますか?一番初めに作ったアプリは、商品リスト、得意先リスト、仕入先リストでした。外部システムに入っていたデータをkintoneに取り込んで、まずは情報を集めて使えるようにしよう、というのが狙いでした。kintone導入前は、案件について文書化されているデータが何もなかったため、「あの時のあれどうなった?」と上司から確認があっても、担当者は「何の事ですか?」とすれ違いが起きていました。それぞれの頭の中にしか情報がなく、社内に「情報共有する文化」がなかったんですよね。そういうこともあり、情報の乖離からくるミスが発生していました。――情報はすべて担当者の頭の中…それは大変ですね。kintoneを導入したことで、社内に変化はありましたか?kintone導入前は、商品は何回も見て覚える、覚えられなければ担当者の努力不足だ、という雰囲気がありました。 しかし、kintoneで商品リストなどをデータベース化することで、写真があれば商品が一目でわかるし、情報は紐づいたほうがいいよね、という雰囲気に変わってきました。――なるほど、ツールの導入で、社内の雰囲気が変わってきたんですね。情報のデータベース化は当初から考えられていたのでしょうか?個人的にゲームのwiki(知見を集める有志のサイト)を作るのが趣味ということが影響しているかもしれません。サイト上で、情報を拡充する、知見を深めていく楽しさを知りました。その経験もあり、入社後に口頭で指示があったときに「それはどこに書いていますか?」と尋ねてもどこにも情報がない、という状態に愕然として…。そこから、検索すればどこかに求めている情報が書いてある状態にしたい、と思いkintoneでデータベース化を進めてきました。――創さんは、開設当初からキンコミをご利用いただいておりました。キンコミを知ったきっかけを覚えていますか?サイボウズから送られてくる冊子に記載されていたキンコミ紹介を見て、とりあえずユーザー登録してみました。その時はちょうどkintoneの活用方法を悩んでいた時期だったんです。自己紹介を投稿したらすぐに反応をたくさんもらえて、社内では自分しかkintone担当者がいないので、 kintoneに関わる人ってこんなにいたんだ!と分かったのが嬉しかったですね。――いいねがつくだけでも嬉しいものですよね。創さんは「今週の自分的アップデート」のカテゴリをよくご利用いただいていますが、どういった時に投稿しているのですか?分からないことがあったときに、検索して解決できたことや、サイボウズのサポートに聞いて解決したものを「できたよ!見て見て!」という気持ちでキンコミにアウトプットしています(笑)。私が解決した情報を自分だけでもっているのはもったいないですし、分からないことは、検索したら全部出てきてほしい。自分が見つけた情報をどんどん流していけば、誰かが検索したときにその情報にたどり着くかもしれない。「検索すれば答えがある」、kintoneをそんな世界にしたいと思いながら、自分的アップデートを書き込んでいます。――ユーザー同士で作り上げる優しい世界ですね。では最後に、これからキンコミを活用したい方にメッセージをお願いします。社内でkintone担当者が1人でも、キンコミにできたことを投稿したら一緒に喜んでくれるし、分からないことがあれば一緒に考えてくれます。1人kintone担当者にこそおすすめしたいです。仲間は社内だけじゃなく、社外にもたくさんいますよ!自分が解決できたことを共有すれば、誰かが同じように検索したときにその情報にたどり着くかもしれない。そんな広い視野で自分的アップデートを投稿されていたとは…!👏創さんの投稿のおかげでkintone活用が一歩前進した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。皆さんも、「今週の自分的アップデート」カテゴリをぜひ活用してみてくださいね^^

コメント 1 いいね 12
りょう | 08/12

【キンコミユーザーインタビューvol.5】創さん 検索すれば答えがある世界へ。「自分的アップデート」を投稿する理由とは?

ユーザー画像
りょう | 08/12
ユーザー画像

【8/25開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🌻kintone失敗談しくじり共有会

3ヶ月ぶりのオンライン雑談会開催のお知らせです📯すでにご覧いただいた方もいらっしゃると思いますが、今月のオンラインkintone雑談会のテーマは、キンコミユーザーのみなさまからのアイデアの中から一番票が多かったテーマとなります!今月のテーマはずばり、kintone失敗談しくじり共有会!です🎉皆さまがkintone活用の中で必ずやお持ちの失敗エピソードをこの機会に披露してみませんか?自分の失敗がkintoneユーザーのみなさんの役に立つチャンスです✨今回はしくじりLTタイムとして1人5分間の発表をしていただける方を事前に募集します!準備物はスライドのみです。当日ご自身で画面共有いただきます。スライド形式は自由です。例)・自己紹介スライド(1枚)・しくじりエピソードスライド(1-3枚)しくじりエピソードとともに、今の自分だったらこうして解決する!または、しくじりから学んだことをセットでお伝えいただけるとより失敗が活きてくる内容になるかと思います。例)【しくじり】XX時間かけて作ったアプリが誰にも使ってもらえず、10分で使ったアプリが一番使われた…!【学び】最初から完璧なアプリを目指さない!5分間と短い時間ですし、発表者も聴講者も全員キンコミユーザー同士ですのでぜひ安心してお気軽に発表ください。LT初心者大歓迎です♪LT登壇ご希望の方は「LT希望!」と、こちらのお知らせにコメントをお願いいたします!※LT募集締め切り:8/18(木)LT以外の聴講・交流参加はイベント前日17:00まで受付いたします。ふるってご参加ください!日程 :8月25日(木)時間 :12:05〜12:55方法 :Zoom(URLは追って申込者に開催前日メールにてご案内します)内容 :1.kintone失敗談しくじり共有会LTタイム(1人5分)2.小グループに分かれての雑談タイム(各グループにはサイボウズメンバーが参加します)※LTご希望の方の人数によって、オールLTタイムになるか、雑談タイム中心になるか調整いたしますその他: ・途中参加・途中退出もOKです ・キンコミユーザーネームでご参加ください(カメラはOFFでもOKです) ・マイクでお話できる状況にてご参加くださいイベントご参加希望の方は、こちら👇のリンクより「参加する」ボタンを押してください。※要ログイン---参加申し込み--- 

コメント 0 いいね 8
キンコミ運営事務局 | 08/04

【8/25開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🌻kintone失敗談しくじり共有会

ユーザー画像
キンコミ運営事務局 | 08/04
ユーザー画像

【キンコミユーザーインタビューvol.4】きったんさん アウトプットは人のためならず!誰かの役に立てるだけでなく、自分の頭の整理にもつながる

こんにちは、キンコミ運営事務局のさーやです。梅雨の時期の引越しを初経験しました。毎日変わる天気予報にハラハラドキドキでした📦(結局雨降りました☔️ちーん)さて、キンコミに書き込んでくださっているユーザーさんのリアルな声をうかがう「キンコミユーザーインタビュー」。皆さま過去の投稿はすでにご覧いただけましたか?  〈vol.1〉〈vol.2〉〈vol.3〉前回のいとまきさんのインタビューにあった「先駆者を真似てみる」「キンコミを見る習慣をつける」はチャレンジしやすいアドバイスでしたね!キンコミユーザーインタビューでは、キンコミを活用しているユーザーさんはどんな悩みを持って、どんな気持ちでキンコミに書き込んでいるのか。kintoneのコミュニティに関わってみて、どんな変化が起きたのか。そんなユーザーさんの生の声をお届けしています。 第四弾のゲストは、きったんさんです。――まずは、きったんさんの自己紹介をお願いします。大阪にある製薬会社で経理・人事労務・総務・システム・データ管理などバックオフィス全般を担当しながらkintoneの管理者をしています。kintone歴は3年目です。 ――幅広い業務に加えてkintoneの管理者まで…!社内ではどのようにkintoneを利用されているのでしょうか?主にデータベースとして利用しています。申請関係、報告書関係、ワークフロー、有給申請、ナレッジ・文書共有などなど…今ではたくさんのデータをkintoneで管理しています。導入のきっかけはコロナ禍にテレワークができるようにしてほしいというオーダーでした。 ――テレワークをきっかけに活用の幅を広げてこられたのですね。きったんさんがコミュニティに参加されたきっかけは何だったのでしょうか?他社の同業種の方々とお話ししたいと以前から思っていましたが、バックオフィス業務だと他社の人と関わりを持つ機会は少なく、もどかしい気持ちでした。ここ2年で他のツールのコミュニティや勉強会にも参加するようになる中で、昨年の12月にCybozu Circus Osakaに参加しました。そこでkintoneエバンジェリストの方にお会いしたのをきっかけに、毎週木曜に開催されるkintone SIGNPOST勉強会に参加するなど、人の輪がどんどん広がっていきました。やっと社外の人と交流ができた!という気持ちでした。 ――さまざまなコミュニティから情報を得てご自身に取り込めるのが素晴らしいですね。キンコミを知ったのはどういったきっかけでしたか?実はまったく覚えてないんです(笑)kintoneにまつわることをひたすら調べていた中でたまたま見つけたのだと思います。気づけばよく見るようになっていました。 ――キンコミに初めて投稿するときに抵抗は感じませんでしたか?もともと書き込むことに抵抗はなかったです。最初に書き込んだのは投稿者さんのお悩みへの「共感」でした。コメントは必ずしも答えを示すわけではなく、「わかる!」みたいな回答も質問する人にとっては糧になると思うんです。キンコミに投稿して「勉強になった」「参考になった」、という声をもらえるのは素直に嬉しいです。キンコミ上でやりとりしていた方とリアルで会うと、つい話が盛り上がってしまいます。想像していたよりもたくさんの人にキンコミの投稿が届いていたことを実感しました。 ――イベント用にキンコミの表示名・アイコンを入れた名刺を作って配ってらっしゃるのがとても素敵でした!たしかきったんさんの最初のキンコミの表示名は「KKさん」でしたよね。お名前を変えた理由はあったのでしょうか?最初はとりあえずイニシャルの「KK」で登録しました。でも、書き込みをして他のユーザーさんと関わっていくうちに「KK」と呼ばれてもピンと来なくなってしまって。それで、普段親しい人から呼ばれている「きったん」というあだ名に改名しました。それまでkintoneは仕事で使ういちツールという位置づけでしたが、こうしてコミュニティに関わるうちに自分の中で徐々に大きな存在になっていきましたね。 ――きったんさんといえば、4月に開催したキンコミ雑談会で「今年の目標はアウトプットに力をいれること!」とおっしゃっていたのが印象に残っています。有言実行されていて、TwitterだけでなくキンスキLiveへの出演やnoteの記事更新など、たくさんアウトプットされています。書き込みにハードルを感じる方のために、アウトプットのコツがあれば教えてください。アウトプットしたものに対して、反響やコメントなど、リアクションをたくさんいただいたんです。「あぁ、こんなに見てくれている人がいるのか」と知れてすごく嬉しかったです。発信してみて気づいたのですが、外に出す(発言する)ことで自分の頭の整理にもなります。実は、アウトプットは誰かのためだけでなく自分のためでもあることを知りました。例えば、キンスキLiveの登壇をきっかけに、社内の全体構図をまとめたところ、もっと改善できそうなところが見えてきました。 ――発信は誰かの役に立てるだけでなく、自分も得られるものがあるんですね。では、最後にこれからキンコミを活用したいと思っている方へメッセージをお願いします。なんでもいいので気軽に書き込んでみてほしいなと思います。共感の言葉に励まされたり、自社でのやり方を教えてもらって気づきがあったりするので、まずはアウトプットしてみるのがおすすめです。投稿しようと思っても、「こんなこと書いていいかな…」と不安になることもあると思います。そんな時はキンコミのコミュニティガイドラインを読んでからだと安心して書き込めますよ。困っている人の力になりたいと思っている人がここにはたくさんいるので、投稿の際は、ご自身の状況(ライトプラン/スタンダードプランなのかなど)を詳しく書いてくださると返信しやすいです♪ キンコミの表示名を変えた背景にコミュニティの存在が大きくなっていたという変化があったとは…!と驚いたとともに、きったんさんにとってキンコミをはじめ、kintoneコミュニティが大切な場所になっていることを知り、心が温かくなりました。コミュニティ活動が楽しくなってきたと語るきったんさんのこれからのアウトプットもとても楽しみです!

コメント 0 いいね 20
さーや | 06/24 | インタビュー

【キンコミユーザーインタビューvol.4】きったんさん アウトプットは人のためならず!誰かの役に立てるだけでなく、自分の頭の整理にもつながる

ユーザー画像
さーや | 06/24 | インタビュー
ユーザー画像

【キンコミユーザーインタビューvol.3】いとまきさん コミュニティは見るだけではなく動いた方が得るものが大きい、自分の足跡を積極的に残していく

こんにちは、キンコミ運営事務局のとっしーです!最近周りが続々とゴルフをはじめているのですが、一定の年齢になるとゴルフをはじめたくなる何かがあるのでしょうか?そんな私もハマってしまいました⛳。 さて、キンコミに書き込んでくださっているユーザーさんのリアルな声をうかがう「キンコミユーザーインタビュー」。皆さま過去の投稿はすでにご覧いただけましたか?  〈vol.1〉〈vol.2〉前回のほりさんのインタビューでは、「コミュニティはQ&Aではない」という素敵な言葉が印象的でしたね。キンコミユーザーインタビューでは、キンコミを活用しているユーザーさんはどんな悩みを持って、どんな気持ちでキンコミに書き込んでいるのか。kintoneのコミュニティに関わってみて、どんな変化が起きたのか。そんなユーザーさんの生の声をお届けしています。第三弾のゲストは、いとまきさんです。 ――まずは、いとまきさんの自己紹介をお願いします。   北九州にある段ボール加工工場でひとりSEをしています。 拠点が複数あるのですが、拠点間で情報共有ができていないという課題があったので、提案をしてkintoneを導入しました。kintone歴は約半年です。 ――提案から導入、運用まで一貫していとまきさんがお一人でやられているのですね。社内ではどのようにkintoneを利用されているのでしょうか?   とにかく社内から紙をなくそう!という想いで、申請関連から電子化に取り掛かっています。紙の山から該当の申請書類を探すのも一苦労で…営業さんも今まで手書きで大変だったんです。半分電子化できたので、今後は休暇申請等もkintoneに移行していきたいと思っています。 ――紙だと検索できないので大変ですよね…!いとまきさんがkintoneコミュニティを知ったきっかけは何だったのでしょうか?検索でcybozu developer networkを知ったのが最初でした。ですが、導入直後でkintoneをどのようにはじめていけばよいのか…という悩みの段階だったので、敷居が高く感じました。一方、キンコミはページを見に行くと「どういう使い方をしている?」といった会話が繰り広げられていたので敷居が低く感じとても参加しやすかったです!また丁度、はじめてのキンコミツアーが近い日程で開催されるのを知って「導かれている!」と思ってすぐに参加ボタンを押しました。――はじめてのキンコミツアーにいとまきさんが参加されたときのこと覚えております!ツアーには何を期待して参加してくださったのですか?同じタイミングで始められた方と一緒のタイミングで参加できるんだろうなと思っていたので、その方たちとコミュニケーション取ってみたいという想いで参加しました。今でも、同じ回に参加していたキンツア同期の方が投稿していると「おっ!あの人だ!」となって、会社の廊下ですれ違ったみたいな感じがして嬉しい気持ちになります^^――いとまきさんは、キンツア参加前に自己紹介の投稿をされていましたよね?はじめて投稿するときに抵抗等は感じませんでしたか?世代的にSNSは慣れていて、自己紹介しないとコミュニティに馴染めないという感覚があったので、そこまで抵抗感はなかったです。先駆者の方たちが素敵な自己紹介をたくさん投稿されていたので、まずは真似てみるところからはじめてみました。また、コミュニティは見るだけではなく動いたほうが得るものが大きい、というのを感覚的に知っていたので積極的に足跡を残そうと思っていました。黙っているといない人になってしまうので…もったいないと感じます。一歩でも足跡を残しておくことが大事だと思います!――感覚的にコミュニティで足跡を残すことのメリットを知っていたのですね!自己紹介を投稿をしてみていかがでしたか?とにかくレスポンスが早くて驚きました!次の日には2,3個コメントがついていたのでびっくりしましたね。――自己紹介の投稿には「いいね」もとても多くつきますよね。いとまきさんはnoteもやられていてアウトプットの習慣があると思ったのですが、何か秘訣があるのでしょうか?こうなりたい!という自分が達成したい目標へ、最短で達成するには人を真似することだと私は考えます。キンコミだと西村 志郎さんは、すごく楽しそうにkintoneを活用している印象があり、noteも積極的に更新されていて憧れです。たくさんアウトプットもされていたので、西村さんや他のキンコミユーザーさんを真似てやりはじめました。――(私いとまきさんのnote大好きなんです。)noteとキンコミの使い分けとかはあるのでしょうか?noteは日記のような感じで、そのときのマインドセットを書き忘れないようにしています。その方が、後任の人に自分のハートをそのまま渡せるので良いと思っています。キンコミに書くのは少し恥ずかしいことでもnoteなら自分の場所なので書きやすかったりもします。いつかキンコミユーザーのnote会ができたらいいなと思っています!――自分的アップデートにnoteのURLを記載してくださる方も最近いらっしゃいますね♪キンコミに投稿してよかったことはなんですか?頭の中を整理できるので、一度文章にして書くことって大切だなと感じます。また、私はどうしたらいいのかなと悩んでいるとき、その悩みにとらわれてしまうんです、、そんなときに明るい雰囲気を持つキンコミに書き込みをするとポジティブな気分になります。みんながトークで議論している姿を見ると励まされますし、悩んでいるのは自分だけじゃない!という安心感ももらえます。――キンコミの黄色いトップ画面も気分を明るくする効果があるかもしれませんね!最後にこれからキンコミを活用したいと思っている方へメッセージをお願いします。 1日5分でもいいので、キンコミを眺める時間をとると必ず自分が共感する投稿を見つけられると思います。私は朝のルーティンにしているのですが、情報収集という点でもとても良いと感じます。まずは書き込みに共感するところから始めて、いいねに慣れたらコメント、そして投稿と段階的に参加していくのも良いかもしれませんね。いいねがつくだけでもとっても嬉しいので、気軽に押してもらえればと思います!書き込みに共感するところから始める…共感も素敵なコミュニケーションですよね。いとまきさんも過去に素敵な共感コメントを投稿していましたね♪「先駆者たちの真似をしてみる」「コミュニティでは一歩でも足跡を残すことが大事」コミュニティにどのように参加していけばよいのか不安な方は、いとまきさんを真似てみるのが第一歩になるかもしれませんね…♪いとまきさん、どうもありがとうございました!

コメント 4 いいね 19
とっしー | 05/18 | インタビュー

【キンコミユーザーインタビューvol.3】いとまきさん コミュニティは見るだけではなく動いた方が得るものが大きい、自分の足跡を積極的に残していく

ユーザー画像
とっしー | 05/18 | インタビュー
ユーザー画像

【5/31名古屋】kintoneユーザー同士のリアル交流会、第2弾のお知らせです🌱

こんにちは!キンコミ運営事務局のあーみんです。本日はkintoneユーザーの皆様と【リアルの場】で交流できるイベント「kintone after hive 交流会」名古屋会場開催のお知らせにまいりました。 kintone after hive 交流会とは?kintone after hive 交流会は、kintone hive で得た学びや気づきをユーザー同士で語り合いながら、より具体的な改善アイデアや、新たな視点を見つけていただくことを目的としたイベントです。興奮冷めやらぬ kintone hive 直後の時間に、イベントに参加したユーザー同士でたっぷりと意見交換することができます。先月4月27日には、大阪会場で kintone after hive 交流会を実施いたしました。▼大阪会場のレポートはこちらhttps://kintone-guide.cybozu.co.jp/posts/afterhiveosaka皆さん大変盛り上がって、さまざまな意見交換をしておられました!新しいkintone仲間を見つけた方もいらっしゃったようです^^ 今回はkintone after hive 交流会【2022年5月31日 名古屋会場】の応募がスタートしたことをお知らせします♪ イベント概要kintone after hive 交流会 in 名古屋 日時:2022年5月31日 19:00ごろスタート予定費用:無料場所:名古屋コンベンションホール※kintone hive nagoya 開催会場から徒歩5分程度の場所になります ▼kintone after hive 交流会 in 名古屋 お申し込みhttps://kintone-guide.cybozu.co.jp/after-hive 本イベントは、同日に開催される「kintone hive nagoya」にご参加いただいた方向けの交流会となります。あわせて「kintone hive nagoya」へのお申し込みもよろしくお願いいたします。 その他の会場の交流会については、順次申し込みフォームをオープンしていく予定です。会場が追加されましたらまたお知らせいたしますので、お近くにお住まいの方はぜひチェックしてみてくださいね!

コメント 1 いいね 8
あーみん | 05/11

【5/31名古屋】kintoneユーザー同士のリアル交流会、第2弾のお知らせです🌱

ユーザー画像
あーみん | 05/11
ユーザー画像

【5/18開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🌿「キントーンがあるのに使ってもらえない…」社内浸透について語ろう

こんにちは!キンコミ運営事務局のりょうです。GW直前、皆さまいかがお過ごしでしょうか?私は暦通りなので、遠出はせずに近所でピクニックでもしようかなぁと計画しております🍙さて、本日は5月のオンラインイベントのお知らせです!今回のテーマは「キントーンがあるのに使ってもらえない…」社内浸透について語ろう!いざkintoneを導入したものの、社内での利用が進まなかったり、新しいメンバーがなかなかkitnoneを使ってくれなかったり、そんな「社内浸透」のお悩みや、ウチはこうやって解決した!という経験談をkintoneユーザー同士で語り合いませんか?今回は、サイボウズでkintoneの社内浸透支援を行なっているカスタマーサクセスチームをゲストに迎え、「社内浸透が進まない!あるあるパターン」をご紹介します📯他社の事例が、つまずき解消のヒントになるかもしれません…!会の後半は小グループに分かれて、ユーザーさま同士でお話いただきます。各グループに運営事務局メンバーが入り、進行などフォローさせていただきますのでご安心ください。キンコミイベントは、毎回初めての方にも多くご参加いただいております。普段はキンコミ上でテキストコミュニケーションをしているユーザーさま同士が、(オンライン上ではありますが)顔を合わせてお話できる機会となっております。お昼ごはんを食べながらでもOKですので、ぜひお気軽にご参加ください♪日程 :5月18日(水)時間 :12:05〜12:55方法 :Zoom(URLは追って申込者に開催前日メールにてご案内します)内容 :1.サイボウズ カスタマーサクセスチームより「社内浸透が進まない!あるあるパターン」ご紹介2.小グループに分かれての雑談タイム(各グループにはサイボウズメンバーが参加します)その他: ・途中参加・途中退出もOKです ・キンコミユーザーネームでご参加ください(カメラはOFFでもOKです) ・マイクでお話できる状況にてご参加ください開催報告…✍️ 本日は11名の方にご参加いただきました。冒頭では、サイボウズの社内浸透を支援するカスタマーサクセスチーム杏奈さんより「社内浸透が進まない!3つのあるあるパターン」の解説があり、それをもとに参加者の皆様に社内浸透のお悩みや乗り越え方をお話ししていただきました。社内浸透に関するお悩みは多岐に渡りますね、、「他の人を巻き込みためのモチベーションの保ち方は?」「できないことをできないと言える立場にない。属人化しない、ノーコード、ローコードという前提で入れたものの、結局属人化してしまっている」乗り越えた先輩ユーザーの具体的なアドバイスもたくさん!「便利そうに使っていると、他の人が興味を持って伝播してくれる」「困っている部分をkintone化して「今より楽になる」で使ってもらえるように!」「あんまり進める熱量が高すぎると相手が引いてしまうことがある、ある程度準備しておいて必要な時に傘をスッと出すイメージ」 社内浸透、奥が深いテーマですね。またじっくりみなさんのお話を伺ってみたいです。参加者の皆様。初参加の方多数いらっしゃいました! 6・7月はキンコミオンラインイベントはお休みとなります<(_ _)>その期間にkintone hive札幌、仙台、東京がございますので、ご参加いただける方は現地で交流しましょう〜!

コメント 2 いいね 9
りょう | 04/28

【5/18開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🌿「キントーンがあるのに使ってもらえない…」社内浸透について語ろう

ユーザー画像
りょう | 04/28
ユーザー画像

ご存知でしたか?キンコミの「コミュニティガイドライン」

こんにちは、キンコミ運営事務局です。 この度、キンコミは1000ユーザー登録を突破しました! たくさんの方にご利用いただける場所になり、とても嬉しいです。 利用者が増えたこともあり、今回は改めてキンコミが大切にしていることをお伝えしたいと思います。 2020年10月にオープンしたキンコミは、ユーザー同士で活用アイデアを共有する場をつくることで、皆さんの助けになりたいと思い始めました。 kintoneは1つの正解があるツールではなく、機能の考え方次第で100社100通りの答えがあります。 そのアイデアを共有し合うことが、皆さんの業務効率化に貢献できると私たちは考えています。 キンコミが開設当初から掲げる「コミュニティガイドライン」をご存知でしょうか?今回、一部抜粋してご紹介します。 【推奨する行い】 お互いの考えを尊重する コメントする際は、無闇に相手の考えを否定しないようにしましょう。正解は人それぞれなので、「そのような考え方もあるんだ」という気持ちが大切です。理解をした上で、ご自身のお考えを伝えるようにしましょう。 感謝を伝える 回答をもらった時は、積極的にお礼を伝えるようにしましょう。キンコミはお互いに支え合うコミュニティなので、感謝の気持ちがとても大事です。伝えられた方は、「自分の経験が役に立った」と励みになります。協力して、お互いの励みになるように努めましょう。 基本的な内容は、まずサポートセンターやヘルプで調べる 使い方、操作方法などの基本的な内容は、まずサポートセンターやヘルプをご活用ください。より具体的な情報を、迅速に回答をすることができます。キンコミでは、ユーザー同士だからこその悩み・喜び・疑問・感動の共有に努めましょう。 初めて投稿するとき、どんな返答をしたら良いか迷ったとき、ぜひこちらをお目通しください。 📌コミュニティガイドライン https://kincom.cybozu.co.jp/guideline キンコミで推奨するまたは、ふさわしくない投稿内容については以下をご確認ください。【キンコミで推奨している投稿】 ・100社100通りの回答がある、答えのないお悩み ・kintoneで実現できたこと、自分的アップデート ・kintoneの学習についての相談、共有 「100社100通り」がピンと来ない方は、こちらの過去の投稿を参考にしてみてください。 「kintoneを社内でより活用してもらう方法」について皆様のご意見をうかがえたらと思います。」 「みなさんはどのような時間の使い方、工夫をされてますでしょうか?」 「 kintoneとExcelの使い分け、なにを基準にしてますか?」 「フィールドの配置方法に工夫などしていますでしょうか?」  【キンコミでふさわしくない投稿】 ・機能についての投稿 →使い方、操作方法などの基本的な内容は、サポートセンターやヘルプをご活用ください。ご利用の状況を伺いながら、より迅速かつ具体的な返答が得られます。 ◇機能についての質問の一例「業務部のメンバー以外アプリを見られないようにするアクセス権の設定方法を教えてください 」「プロセス管理の使い方がわかりません。どうやって設定すればいいですか? 」 ・開発についての投稿 →プログラム開発やコーディングに関する話題は、活用のアイデアから離れた内容になりやすいことから推奨はしておりません。具体的なプログラム開発の方法、コードなどの話題はお控えください。これらは、活用アイデアから離れたテーマだと考えているからです。 ただし、kintoneを活用する上で開発は重要な要素です。そのためkintone活用の選択肢の一つとして、開発も含めた活用アイデアが投稿されることは歓迎致します。 kintoneをきっかけにプログラム開発に挑戦されている方は、弊社やパートナー提供の支援プログラムもご活用ください。 一例として、サイボウズでは以下のようなプログラムを用意しています。   ▼ステップで学ぶkintone カスタマイズ勉強会  「kintoneをもっと便利に使いたい方」に向けたサイボウズ主催の無料の勉強会です。 https://page.cybozu.co.jp/-/kintone-devcamp-stepup ▼imoniCamp   kintone カスタマイズ担当者の方に向けた初心者向けコミュニティです。 https://page.cybozu.co.jp/-/mokumoku-imonicampこれからもキンコミの目指すところは変わりません。 ーkintoneユーザー同士だからこそ分かち合える、 お互いの気づき・悩み・喜び・課題を共有し合う気持ちの良い場所ー 皆さまにとって、今後もキンコミがそんな場所であり続けるために 「コミュニティガイドライン」を心に留めていただけますと幸いです^^ 

コメント 1 いいね 21
キンコミ運営事務局 | 04/27

ご存知でしたか?キンコミの「コミュニティガイドライン」

ユーザー画像
キンコミ運営事務局 | 04/27
ユーザー画像

【キンコミユーザーインタビューvol.2】ほりさん Q&Aではなくコミュニティだから「私も分からない」でOKなんです

こんにちは、キンコミ運営事務局のりょうです。皆様の地域の桜は満開になりましたか?まだ蕾でしょうか?私の住んでいるところは葉桜になりつつあります🌸 散り際の桜もまた美しいですよね。 さて、キンコミに書き込んでくださっているユーザーさんのリアルな声をうかがう「キンコミユーザーインタビュー」。第一弾はすでにご覧いただけましたか? 後藤由季さんのインタビューはお悩み相談後のポジティブな変化が素敵でしたね♪ キンコミユーザーインタビューでは、キンコミを活用しているユーザーさんはどんな悩みを持って、どんな気持ちでキンコミに書き込んでいるのか。kintoneのコミュニティに関わってみて、どんな変化が起きたのか。そんなユーザーさんの生の声をお届けしています。 第二弾のゲストは、ほりさんです。 ――まずは、ほりさんの自己紹介をお願いします。 岡山県の帳票ツール会社で、問い合わせのサポート対応と社内のkintone担当をしています。2021年からはkintoneエバンジェリストの活動もしています。 ――社内ではどのようにkintoneを利用されているのでしょうか? kintoneは主に、問い合わせ内容や開発要望、ファイルのやりとりなど情報共有の場として使っています。全員に見てほしい情報を載せる掲示板(スレッド)とは別に、個人が見てくれればいい情報、例えば電話メモなんかはピープルを使っています。アプリだとなかなか入力してもらえないので、ゆるいコミュニケーションはスレッドでやりとりしていますね。kintone導入前は、社内の営業と情報共有する専用のメールがあったんですよ。今はもう使っていませんが(笑) ――ほりさんはkintone Café 岡山や、メールワイズユーザー会を主催されていますよね。コミュニティの入り口について教えていただけますか?最初のコミュニティとの出会いは2020年3月の kintone Café 岡山です。入社したのが前年の10月だったのですが、kintoneが導入されているのに使いこなせていない状況にもやもやしていて。そんな時に、サイボウズからのメルマガでkintone Café 岡山を知りました。でもサイボウズのイベント=意識が高い人ばかりなんじゃないかと抵抗感があり…。ただとにかく行き詰まっていたので勇気を出して、参加を決めました。いざ行ってみたら、のめりこみ!意識は全然高くなかったです(笑)kintoneエバンジェリストの方はとにかく楽しそうで、どんな質問でも丁寧に答えてくださるし、ユーザー同士の事例共有も勉強になりました。コミュニティに参加したことで、「なんだ、難しく考えなくてもいいんだ!」と世界が広がったんです。――キンコミを知ったのはどういったきっかけでしたか? 思い当たる節がいろいろあるのですが、kintone界隈のTwitterだったか、Cybozu Daysだったかな。キンコミが開設されてすぐ登録はして、その後しばらくは眺めているだけでした。初めての投稿は、「見積書の印刷に悩んでいる」方へのコメントでしたね。本業の帳票に関するお悩みであれば自分でも答えられる!と書き込んだ記憶があります。 ――ほりさんはキンコミ以外にも、Twitterやブログなどでたくさんアウトプットされています。書き込みにハードルを感じる方のために、アウトプットのコツがあれば教えてください。 私がkintoneの疑問を書き込むと、誰かが「これはこうじゃない?」と回答をくれるのが嬉しくて、そこから私自身ギブアンドテイクが好きなタイプということもあり、いつか誰かのためになるかも…と簡単なことから投稿していくようになりました。そうしているうちにだんだんと、アウトプットのサイクルができていきましたね。伝える時に気をつけていることは、相手が何を聞きたいのかを意識することです。キンコミの質問への返信だったら、これをどんな人が読んでくれるのか、相手の顔を想像しながら書いています。 ――顔が見えないキンコミ上のやりとりでも想像は大切ですね…!では、最後にこれからキンコミを活用したいと思っている方へメッセージをお願いします。 キンコミはユーザー同士で教え合う場所なので、事例募集や社内浸透などのユーザーだからこそ垣根なく話せる悩みを相談するのがおすすめです。質問やお悩みに答えるときには、私だったらこうするな、というアイデアをお伝えしています。もし間違った答えをしてしまっても、あとで訂正したらいいよねくらいの気楽さで書き込んでます。キンコミはコミュニティであって、Q &Aではありません。アイデアがなくても「私にも分かりません」「私もこれ知りたいです」の共感コメントでも十分だと思います! キンコミはコミュニティであって、Q &Aではないから気楽な気持ちで書き込んで良いというお言葉…心強いですね。共感から始まるコミュニケーションなら、初心者の方でも始めやすいのではないでしょうか。これからキンコミやkintoneコミュニティを活用していきたい方はぜひ参考にしてみてください♪ ほりさん、どうもありがとうございました!

コメント 2 いいね 20
りょう | 04/15 | インタビュー

【キンコミユーザーインタビューvol.2】ほりさん Q&Aではなくコミュニティだから「私も分からない」でOKなんです

ユーザー画像
りょう | 04/15 | インタビュー
ユーザー画像

【関西にお住まいのユーザーさんへ】kintoneユーザー向けリアル交流会のお知らせ

こんにちは!キンコミ運営事務局のあーみんです。本日はkintoneユーザーの皆様と【リアルの場】で交流できるイベントのお知らせにまいりました。その名も「kintone after hive 交流会」です! kintone after hive 交流会とは?kintone after hive 交流会は、kintone hiveで得た学びや気づきをユーザー同士で語り合いながら、より具体的な改善アイデアや、新たな視点を見つけていただくことを目的としたイベントです。興奮冷めやらぬkintone hive直後の時間に、イベントに参加したユーザー同士でたっぷりと意見交換することができます。 kintone hive とは? kintone の活用アイデアをユーザー同士で共有するライブイベントです。日頃の業務で kintone を使いこなしているユーザーが一堂に会し、業務改善につながる kintone の活用ノウハウをそれぞれの視点で披露し、共有することでより自社の kintone 活用を深めていただくための場となっております。 ▼kintone hive 2022https://kintone.cybozu.co.jp/jp/event/hive/ 今回はkintone after hive 交流会【2022年4月27日 大阪会場】の応募がスタートしたことをお知らせします♪ イベント概要kintone after hive 交流会 in 大阪 日時:2022年4月27日 19:00ごろスタート予定費用:無料場所:ハートンホテル心斎橋※kintone hive osaka 開催会場から徒歩10分程度の場所になります ▼kintone after hive 交流会 in 大阪 お申し込みhttps://kintone-guide.cybozu.co.jp/after-hive 本イベントは、同日に開催される「kintone hive osaka」にご参加いただいた方向けの交流会となります。あわせて「kintone hive osaka」へのお申し込みもよろしくお願いいたします。 その他の会場の交流会については、順次申し込みフォームをオープンしていく予定です。会場が追加されましたらまたお知らせいたしますので、お近くにお住まいの方はぜひチェックしてみてくださいね。 

コメント 0 いいね 6
あーみん | 03/30

【関西にお住まいのユーザーさんへ】kintoneユーザー向けリアル交流会のお知らせ

ユーザー画像
あーみん | 03/30
ユーザー画像

【4/19開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🌸

  みなさんこんにちは!キンコミ運営事務局のさーやです。今年からチームにジョインしました✨ さて、新年度が目前ですね!(私は入学式、始業式の頃に誕生日です🌸)本日は4月のキンコミイベントのお知らせです♪ 今回のテーマは「今年度kintoneでチャレンジしたいこと」。 小グループに分かれて、昨年度一歩前進したことや、今年度kintoneでチャレンジしたいと思っていることをkintoneユーザー同士でお話ししませんか? 公の場で目標を宣言することで目標達成へのモチベーションが高まる、「パブリックコミットメント」という効果もあるそうです。ぜひこの機会に心の中に秘めている目標を言葉にして、エールを送り合いましょう📣(kintone先輩ユーザーさんから、チャレンジ成功のヒントがもらえるかも…✌️)自己紹介だけでももちろんOKです。これからkintoneにチャレンジする…という方のご参加も大歓迎です! 各グループに運営事務局メンバーが入り、進行などフォローさせていただきます。キンコミイベントは、毎回初めての方にも多くご参加いただいております。普段はキンコミ上でテキストコミュニケーションをしているユーザーさま同士が、(オンライン上ではありますが)顔を合わせてお話できる機会となっております。お昼ごはんを食べながら、ぜひお気軽にご参加ください🍙日程 :4月19日(火)時間 :12:10〜12:55方法 :Zoom(URLは追って申込者に開催前日メールにてご案内します)内容 :主に小グループに 分かれてのkintone雑談   (各グループにはサイボウズメンバーが参加します)その他: ・途中参加・途中退出もOKです ・キンコミユーザーネームでご参加ください(カメラはOFFでもOKです) ・マイクでお話できる状況にてご参加ください<<<参加お申し込みはこちらから>>>ー締め切りましたー※キンコミにログインの上、お申し込みください。  皆さまのご参加お待ちしております♪開催報告…✍️ 当日は6名のキンコミメンバー(+運営事務局4名)が集まりました!雑談会初参加の方から、数えきれないほど雑談会に参加してくださっている常連さん、そしてベイビーまで…👶幅広い方にご参加いただき、オンラインでの雑談会は笑っていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました♪ ブレイクアウトルームでは2部屋に分かれて、自己紹介と「昨年kintoneでチャレンジしたこと」、今回のメインテーマである「今年度チャレンジしたいこと」について皆さまにお話いただきました📣70代の両親にkintoneを触ってもらうチャレンジや、社外への発信へのチャレンジなど、素敵なものばかり!チャレンジのお話からプラグインのお話など、今後のトークテーマの種になりそうなお話まで広がりました。 今月もたくさんの方にご参加・交流いただけて運営事務局としても毎回楽しみな会になっています!来月以降もイベント開催を予定しておりますので、今回ご参加いただけなかった方も、またの機会にぜひご参加ください!今回はイースターの背景!2パターン用意しました。うさぎさんがたくさんいますね🐰

コメント 0 いいね 15
さーや | 03/28

【4/19開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🌸

ユーザー画像
さーや | 03/28
ユーザー画像

【キンコミユーザーインタビューvol.1】後藤由季さん キンコミやkintoneコミュニティで相談すると、まったく思いつかなかったようなアイデアを教えてもらえる

こんにちは!キンコミ事務局のあーみんです。今回は、キンコミに書き込んでくださっているユーザーさんのリアルな声をうかがう「キンコミユーザーインタビュー」を企画いたしました。キンコミを活用しているユーザーさんはどんな悩みを持って、どんな気持ちでキンコミに書き込んでみたのか。kintoneのコミュニティに関わってみて、 どんな変化が起きたのか。ユーザーさんの生の声をお届けいたします! 記念すべき第一回のゲストは、後藤由季さんです。右も左も分からないままkintone管理者になり、独学でkintoneを学んだ後藤さん。徐々にkintoneの良さに気づき、自主的にkintoneのセミナーや勉強会にも参加するようになったそうです。そんな後藤さんに、キンコミに初投稿した際のエピソードや、kintoneコミュニティへの印象についてお伺いしました。  ――まずは後藤さんの自己紹介をお願いします。後藤さん:広島県で住宅・不動産系の会社に勤めています。主な業務は総務、経理、そしてkintoneの管理です。kintone歴は約3年で、導入時から関わっています。現在は主に、社員のスケジュール管理、顧客管理、案件管理、物品購入管理などさまざまな用途にkintoneを使っています。 ――kintone導入のきっかけや、導入時のお話をお聞かせいただけますか。きっかけは、社員のスケジュールをkintoneで管理するためでした。ラジカルブリッジ社が提供している「カレンダーPlus」を導入当初から使っています。私が今の会社に入社してから3ヶ月後くらいに、上司から「kintoneっていうツールを入れるから、後藤さんよろしくね」と任されて(笑)。当時は右も左も分からないまま、サイボウズやラジカルブリッジが提供しているマニュアルを読んで必死にkintoneの設定をしました。 ――まさにたった一人でkintoneを管理し始めたんですね。キンコミを知ったのはどういったきっかけでしたか?確か、kintone Café(kintoneユーザーによる有志の勉強会)で紹介されていたか、キンスキ松井さんのブログを見て知ったのがきっかけです。kintoneについて自主的に勉強することは苦ではなかったので、キンコミができる前からサイボウズ主催のセミナーやkintone Caféに参加したり、twitterで情報収集したりする習慣はありました。ただ、キンコミは最初にユーザー登録をしたものの、しばらくは書き込みせず見るだけでしたね。 ――初めての投稿に至った心境の変化や、その時のお気持ちはいかがでしたか?総務・経理との兼任なので、なかなかkintoneを触る時間が取れないことが当時の悩みでした。ふと、他に同じような状況の方はどうしているんだろうと意見を聞いてみたくなり、初めて投稿してみることにしました。書き込む前は「誰からもコメントが無かったらどうしよう」「何も反応が無かったら怖いな」という気持ちもありましたが、すぐに何人かの方からコメントが来てとても嬉しかったのを覚えています。これがきっかけで、次の投稿にも繋がりましたね。 ――キンコミに投稿をしてみて、良い変化は起きましたか?まず、最初に投稿したきっかけの「兼業なのでなかなかkintoneに時間を割くことができない」という悩みについては、他業務の合間にkintoneを触るのではなく「今日はkintoneに向き合う日」というのを決めて、メリハリをつけるようにしました。同じような境遇の方に「分かります」と共感してもらえるだけでも、背中を押してもらえますね。また、その後の投稿でもキンコミユーザーの方から自分では思いつかなかったようなアイデアを提案していただいて、改めて「相談してみてよかった!」と感じました。 ――その他、kintoneのコミュニティにかかわる中で印象的だったエピソードなどあればぜひお聞かせください以前、とある連携サービスを利用してkintoneの登録情報をハガキに印刷しようとしたときに、どうしても縦書きで印刷することができずにずっと悩んで試行錯誤を繰り返していました。ふと、そんな悩みをtwitterでつぶやいた際、kintoneエバンジェリストの松田正太郎さんから「横書きでもハガキは送れますよ!」とコメントをいただいたのです。その言葉にハッとさせられました。私は「ハガキは縦で送らなければいけない」と思い込んで、それを実現する方法についてずっと悩んでいたのですが、第三者の何気ない一言に「確かに!」と天啓を得たような気持ちになりました。あのまま一人で悩み続けていたら、もっと無駄な労力をかけていたかもしれません。 ――キンコミだけでなく、kintone CaféやSNSも積極的に活用なさっている後藤さんから、まだkintoneコミュニティに踏み込めず一人で悩む管理者の方へメッセージをお願いします。まず、kintoneコミュニティの皆さんは本当に優しくて親切な方ばかりです。私も人見知りな性格で、初対面の方と話すのは得意な方ではないですが、kintoneという共通言語のおかげでコミュニティの方とはすぐに打ち解けてお話しすることができました。同じような悩みを抱えたkintone管理者の方はたくさんいるし、それを助けてあげたいと思っている方もたくさん居ます。ぜひ勇気を出してコミュニティの一歩を踏み出して欲しいです。きっと得られるものがたくさんあると思いますよ。  「kintoneについて自主的に学ぶのは苦ではない」とおっしゃる後藤さん。同時に「誰かに言われたからkintoneを改良するのではなく、みんなが使いやすいようにしたい、もっとみんなに使って欲しいという気持ちが強い」ともお話してくださいました。そうした温かい気持ちが、コミュニティの皆さんにも伝わっているのではないかなと感じたインタビューでした。 後藤さん、どうもありがとうございました!

コメント 1 いいね 15
あーみん | 03/22 | インタビュー

【キンコミユーザーインタビューvol.1】後藤由季さん キンコミやkintoneコミュニティで相談すると、まったく思いつかなかったようなアイデアを教えてもらえる

ユーザー画像
あーみん | 03/22 | インタビュー
ユーザー画像

【3/24開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🎉

皆さまこんにちは!花粉の時期になりましたね…ヨーグルトが花粉症予防になるという母の話を信じ、毎朝ヨーグルトを摂取しているキンコミ運営事務局のとっしーです。 さて本日は、3月のオンライン雑談会のお知らせです♪今月もランチタイムでの開催となり、時間は55分間です!※途中退出可(2月の雑談会アンケートより時間が「短い」のお声が多かったので10分延長しました⌚) 今回はテーマに沿ってざっくばらんに話をする会となっております。気になるテーマは・・・・「おすすめのkintone勉強法📚」についてです! 小グループに分かれて、kintoneの情報をどうやってインプットしているのか、おすすめ書籍の紹介など、kintoneを活用していく上で誰しもが通る“勉強法”についてkintoneユーザーだからこそ分かち合えるお話をしてみませんか?自己紹介だけでももちろんOKです。kintoneの勉強法に悩んでいる…という方のご参加大歓迎です!各グループに運営事務局メンバーが入り、進行などフォローさせていただきます。(サイボウズ商店店長から人気書籍の紹介タイムもあるかも…?✨) キンコミイベントは、毎回初めての方にも多くご参加いただいております。先月も半数近くがイベント初参加の方でした🔰普段はキンコミ上でテキストコミュニケーションをしているユーザーさま同士が、(オンライン上ではありますが)顔を合わせてお話できる機会となっております。お昼ごはんを食べながら、ぜひお気軽にご参加ください🍚日程 :3月24日(木)時間 : 12:05〜13:00方法 :Zoom(URLは追って申込者に開催前日メールにてご案内します)内容 :主に小グループに 分かれてのkintone雑談    (各グループにはサイボウズメンバーが参加します)その他: ・途中参加・途中退出もOKです ・キンコミユーザーネームでご参加ください(カメラはOFFでもOKです) ・マイクでお話できる状況にてご参加ください<<<参加お申し込みはこちらから>>>ー締め切りましたー※キンコミにログインの上、お申し込みください。 皆さまのご参加お待ちしております♪ 開催報告…✍️当日は11名様(+運営事務局4名+サイボウズ商店店長)が集まり、雑談会初参加の方から、数えきれないほど雑談会に参加してくださっている常連さんまで!幅広い方にご参加いただき、オンラインでの雑談会を楽しみました🌸 今回は2部屋のブレイクアウトルームに分かれてそれぞれ雑談を行いました!各部屋では自己紹介に加えて、今回のメインテーマである「kintoneの勉強法」について皆さまにお話いただきました✍私たち運営事務局も知らない勉強法が出たり、勉強の話から派生して管理者権限の話に広がったり…どの部屋もさまざまな話題に発展し、あっという間に時間が過ぎていきました⌚ 今月もたくさんの方にご参加・交流いただけて運営事務局としても毎回楽しみな会になっています!来月以降もイベント開催を予定しておりますので、今回ご参加いただけなかった方も、またの機会にぜひご参加ください! どちらも素敵な集合写真だったので、少ししか違いがないですが…2枚載せました!(違いを探してみよう!(?))

コメント 0 いいね 12
とっしー | 03/10

【3/24開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ🎉

ユーザー画像
とっしー | 03/10
ユーザー画像

【どなたでも🎁】キンコミ×干支オリジナル壁紙プレゼント🐯

皆さまこんにちは!キンコミ運営事務局のりょうです。2月らしい寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?(私は熱燗とあん肝ぽんずで冬とステイホームを満喫しています…🍶) さて、本日は日々キンコミに訪れていただき、kintone活用に励む皆さまにささやかながらプレゼントのお知らせです🎁 サイボウズのコミュニティサイト「サイボウズコミュニティ」「サイボウズマガジン」とコラボし、2022年の干支である「虎」の壁紙を作成いたしました。※マウスを右クリック>「名前をつけて画像を保存」をクリックするとダウンロードできます。Web会議の背景などで、ぜひご利用ください✨ また、コラボしているコミュニティサイトでも、それぞれのコミュニティカラーにちなんだ壁紙を公開しています。良ければチェックしてみてくださいね!★Facebook・Twitterアカウント「サイボウズ マガジン」の壁紙はこちらからダウンロードTwitterでも情報発信中!▷ https://twitter.com/cybozumagazine★サイボウズ Office ユーザーコミュニティ「サイボウズコミュニティ」はこちらチームメンバーがそれぞれの壁紙をWeb会議の背景として使ってみました。カラフルで会議の雰囲気も明るくなります^^

コメント 0 いいね 20
りょう | 02/16

【どなたでも🎁】キンコミ×干支オリジナル壁紙プレゼント🐯

ユーザー画像
りょう | 02/16
ユーザー画像

【2/22開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ

皆さまこんにちは〜!キンコミ運営事務局のりょうです。さて本日は、2022年キンコミイベント第一弾のお知らせです^^♪今回はランチタイムの45分間で、ざっくばらんにkintoneについての雑談をする会となっております。 小グループに分かれて、最近の悩みや自分的アップデートなど、kintoneユーザーだからこそ分かち合えるお話をしてみませんか?自己紹介だけでももちろんOKです!各グループに運営事務局メンバーが入り、進行などフォローさせていただきます。 キンコミイベントは、毎回初めての方にも多くご参加いただいております。普段はキンコミ上でテキストコミュニケーションをしているユーザーさま同士が、(オンライン上ではありますが)顔を合わせてお話できる機会となっております。お昼ごはんを食べながら、ぜひお気軽にご参加ください。日程 :2月22日(火)時間 : 12:15〜13:00方法 :Zoom(URLは追って申込者に開催前日メールにてご案内します)内容 :主に小グループに 分かれてのkintone雑談    (各グループにはサイボウズメンバーが参加します)その他: ・途中参加・途中退出もOKです ・キンコミユーザーネームでご参加ください(カメラはOFFでもOKです) ・マイクでお話できる状況にてご参加ください<<<参加お申し込みはこちらから>>>ー締め切りましたー※締め切りは2/21(月)17:00までです。※キンコミにログインの上、お申し込みください。 皆さまのご参加お待ちしております♪開催報告…✍️当日は21名様(+運営事務局5名)が集まり、ランチタイムの雑談会を楽しみました♪今回はたくさんの方にお集まりいただいたため、3部屋のブレイクアウトルームに分かれてそれぞれ雑談を行いました。各部屋では自己紹介に加えて「初めて作ったアプリ」「これに困ってます…」「最近の自分的アップデート」「kintoneのここが好き・不満」のお題から1つ選んで皆さまにお話いただきました。どの部屋もさまざまな話題に発展し、大盛り上がり✨あっという間の雑談タイムでした。kintone初心者の方から玄人の方まで、たくさんの方にご参加・交流いただけて運営事務局としても嬉しい時間でした*来月以降もイベント開催を予定しておりますので、今回ご参加いただけなかった方も、またの機会にぜひご参加ください!当日の集合写真!

コメント 4 いいね 20
キンコミ運営事務局 | 02/01

【2/22開催】オンラインkintone雑談会のお知らせ

ユーザー画像
キンコミ運営事務局 | 02/01
ユーザー画像

12/20 先輩ユーザーの声を紹介するLive「kintone 悩み地獄の抜け出し方🔥」を開催します!

キンコミの皆さんこんにちは、サイボウズのキンスキ松井です!今回はkintoneコミュニティ案内板より、kintoneコミュニティの皆さんのノウハウをお届けします! kintoneを使う中では、様々な悩みが溢れ出てきますよね。みんなで活用して成果を出すまでには、悩みの沼にハマることもあると思います。そんな時、先輩ユーザーは何が役に立ったのでしょうか? 今回はkintone コミュニティの皆さんにインタビューを実施!色々なユーザーさんの声を元に、「悩み地獄を抜け出すヒント」を紹介するライブ番組を配信します。 タイトル:🔥先輩ユーザーに聞く!kintone 悩み地獄の抜け出し方🔥日時  :12月20日 19時30分〜場所  :YouTube LiveURL  :https://youtu.be/Pz7awiF5dvw 更に、インタビューでは西村 志郎さん、yamaさん、創さんがキンコミも紹介してくれています!他にもキンコミユーザーさんも含め、沢山の先輩ユーザーの声を紹介していきますよ✨ また、配信中はリアルタイムで皆さんからのコメントも紹介!もしかしたら、その場で先輩ユーザーからアドバイスがあるかも!?ぜひ、奮ってご参加いただければと思います^^西村さん、yamaさん、創さん、ご協力ありがとうございました! 

コメント 0 いいね 21
キンスキ松井 | 12/15

12/20 先輩ユーザーの声を紹介するLive「kintone 悩み地獄の抜け出し方🔥」を開催します!

ユーザー画像
キンスキ松井 | 12/15
ユーザー画像

Cybozu Days のご案内 〜キンコミセッションもあります〜

キンコミの皆さん、こんにちは!サイボウズの htnk です。ようやく秋本番といった感じの季節が訪れましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、サイボウズでは年に1度の大イベント「Cybozu Days」を今年も開催いたします。 今年のテーマは「LOVE YOUR CHAOS」。自分の中に潜むカオス、知らず知らずに否定していませんか?という事で、今まで非常識だと思っていた事が実はそうでもなかったのかも、という発見があるかもしれません。 もちろん!今年も kintone のセッションを、もりもりだくさんでお送りします。一部をご紹介しますと kintone hive tokyo vol.14kintone AWARD ファイナリストによる事例講演11/1(月)14:00〜15:50 全国の kintone hive 予選会を通過してきたkintone ユーザー様たちによる事例講演! 今年もみんながあっと驚くような事例が紹介されるのでしょうか。楽しみです。 【初心者向け】kintone カスタマイズを始める3つの方法11/1(月)10:20〜11:00 標準機能では実現できないことにチャレンジしたい… そんな方に向けてkintoneカスタマイズの概要紹介から、カスタマイズを始める3つの方法をご紹介! そしてなんといっても見逃せないのが ユーザーがリアルに語る 「すごくなくてもいい」kintone 活用術11/1(月)16:20〜17:00 タイトルでお気づきでしょうか。そう、キンコミ発のセッションです!!! キンコミでこの1年に取り上げられた話題の中からいくつかをピックアップし、ご紹介します。 ゲストにキンコミユーザーのサエラたなかさん、yama さんをお招きして kintone ユーザーによる「リアル」を語っていただく予定です。 キンコミで皆さんが書き込んだ内容が取り上げられるかも?これは絶対見逃せませんね! Cybozu Days の開催概要は下記の通りです。 開催日時2021年 11 月 1日(月)〜 2日(火) 開催場所幕張メッセ 国際展示場 2〜3ホール 参加費用無料 キンコミスタッフも現地にいますよ〜。キンコミセッションでTシャツを見かけたら気軽にお声がけくださいね! コロナ対策を徹底し、皆様に安心してお越しいただけるようなイベントを開催いたします。気になる方は、まず下記のページからタイムテーブルをチェックしお申し込みください。皆様のお越しをお待ち申し上げております! ▼Cybozu Days 詳細・お申し込みはこちらのサイトから https://days.cybozu.co.jp/days/ 

コメント 0 いいね 17
htnk | 10/12

Cybozu Days のご案内 〜キンコミセッションもあります〜

ユーザー画像
htnk | 10/12
ユーザー画像

【特別企画】キンコミ1周年をみんなでお祝いしようプロジェクト開始🎉

皆さま、お久しぶりです!キンコミ運営事務局です。少しずつ秋の気配が近づいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか‥‥?🌙さて、本日は特別企画のお知らせです。突然ですが…【キンコミ1周年をみんなでお祝いしようプロジェクト】がスタートします!!キンコミは10月8日(金)で正式リリースから1年が経ちます。この特別な機会に、キンコミに登録してくださっている皆さまと一緒に1周年をお祝いしませんか…?こちらは本日から10月8日(金)の1周年当日まで続くプロジェクトになります。企画内容も何弾にも分けて盛り上げていきますので、ぜひ1周年記念日である10月8日(金)までチェックしていただけますと幸いです😊それではさっそく第一弾のプロジェクト内容をお知らせします! 第一弾は“キンコミ”の頭文字でキンコミやkintoneとの思い出を振り返る企画となります。下記画像の「赤文字部分○○」を埋めて、キンコミでの日々を皆さんで振り返りませんか?★頭文字は全てではなく「キン」でも「コ」でも「ミ」でもお好きな頭文字1個から大歓迎です!  下記リンク先のコメント欄より投稿いただけます。 またコメントいただいた方の中から先着30名様限定で、2022年のサイボウズの卓上カレンダーをお届けいたします📅✨皆さまの投稿お待ちしております!※10月8日(金)締め切り ✨キンコミ運営事務局の振り返りもあるので、例文代わりにぜひ覗いてみてください✨ こちら第二弾は“ありがとうポスト”の設置です📪 1周年という機会にお世話になった方に感謝の『ありがとう』を伝えませんか?キンコミ運営事務局があなたの代わりに届けます。特定の方に向けての『ありがとう』や、キンコミの皆さんに向けた『ありがとう』など、形式や送り先は問いません。短いメッセージでも大丈夫です!年賀状やお手紙といった雰囲気で使っていただけると幸いです*※特定の方に向けた内容がキンコミ上で公開されることはございません。キンコミの皆さま全体へのメッセージの場合、キンコミ上で公開する可能性はございます。 そして、こちらに一つでも「ありがとう」を届けてくださった方には‥‥なんと‥‥!“キンコミオリジナルTシャツ”をお届けいたします!(先着100名様)キンコミ1年目に登録してくださっている皆さまにはぜひ着用いただきたいと思っております^^皆さまのポストへの投函お待ちしております📪※10月1日(金)締め切り↓キンコミTシャツ完成イメージ↓皆さんお待ちかね(?)の第三弾のお知らせです!第三弾は、オンラインイベントの開催となります🎉1周年記念日である10月8日(金)18:30~より、お祝いイベントを開催いたします。皆さんで、ゆるくキンコミと過ごした1年間について振り返りながら、キンコミの未来について語りませんか?※受付は終了しました。 ぜひキンコミオリジナルTシャツを着用して参加いただけると嬉しいです🌹皆さまの参加をお待ちしております! 日程  :10月8日(金)時間  :18:30~19:30 (中締め19:00)方法  :Zoom(URLは追って申込者にご案内します) 内容  :前半30分 キンコミ1周年を振り返ろう           -1年間の歩みを事務局より紹介      後半30分 ザツダン時間            -キンコミユーザーさん同士のザツダン時間です その他 :途中参加・途中退出もOKです      本名やお顔を隠して耳だけ参加も大歓迎です!     参加申込は以下のフォームよりお願いいたします。 ご不明な点はお気軽にコメントくださいませ!<参加申込フォーム> https://kincom.cybozu.co.jp/questionnaires/0mrk9dbojjakupnu/answers/new※申込にはキンコミへのログインが必要です  皆さんと10月8日(金)にお会いできることを心待ちにしております!

コメント 0 いいね 26
キンコミ運営事務局 | 09/01

【特別企画】キンコミ1周年をみんなでお祝いしようプロジェクト開始🎉

ユーザー画像
キンコミ運営事務局 | 09/01
ユーザー画像

【月イチ開催】「はじめてのキンコミツアー」を開催します🚪✨

キンコミをもっと活用しよう!とユーザー登録したものの、いざ投稿!となるとハードルを高く感じる方も多いのではないでしょうか? そんなキンコミ初心者の方向けに毎月1回、30分間の「はじめてのキンコミツアー」をオンラインで開催します🎉 【参加対象】・キンコミに登録したばかりの方・書き込みをしたことがない方※参加費などはかかりません。※申し込みにはキンコミのユーザー登録が必要です。 【当日の流れ】・キンコミとは?・キンコミの使い方・過去の投稿から選りすぐりと投稿のポイントをご紹介・実際に書き込んでみるワークショップ→ツアー専用スレッドに自己紹介を書き込んでみましょう・質疑応答 【開催日時】開催日は9/14(水)12:00-12:30 です!以降の開催予定日※ツアー開催翌日より次の申し込みを受付開始します。10/19(水)12:00-12:30 ##################お申し込みはこちら##################参加申し込みいただいた方には後ほどzoomURLをお送りします。 耳だけ参加、または途中参加・途中退室、当日参加もOKです。気軽にご参加ください♪ みなさまとお会いできるのを楽しみにしております!

コメント 0 いいね 21
キンコミ運営事務局 | 08/31

【月イチ開催】「はじめてのキンコミツアー」を開催します🚪✨

ユーザー画像
キンコミ運営事務局 | 08/31
ユーザー画像

kintone コミュニティの世界と繋がる!「他コミュニティを知る」について

みなさん、こんにちは!サイボウズのkintone大好き松井こと、キンスキ松井です。今回は、先日ヘッダーメニューに追加された「他コミュニティを知る」についてご説明したいと思います。このメニュー、もう押してみたことはありますでしょうか。リンク先は、今年7月にスタートした「kintone コミュニティ案内板」に繋がっています。このサイトは、コミュニティに溢れるノウハウ・情報を整理した、サイボウズ公式のメディアページです。 kintoneにはとても豊かなコミュニティの世界があります。有志の勉強会グループ「kintone Café」、約2,000人が所属するFacebookグループ「kintone 活用研究会」…。そして、最近はTwitterをはじめYouTubeやnoteなど、SNSも非常に盛り上がっています。これ以外にもkintoneを取り巻く人々の輪はますます広がるばかりです。 昨年始まったキンコミも、今では非常に多くの皆さんに活用いただいています。おそらくコミュニティに触れるのはキンコミが初めてな方も多いのではないでしょうか。そんな方にも、ぜひ様々なコミュニティの世界があることを知っていただきたく、ヘッダーにリンクを追加させていただきました。 kintone コミュニティ案内板では、日々発信されるコミュニティのノウハウ・発信を集め、整理してお届けをしていきます。実はキンコミのノウハウもお借りしていて、既に以下の記事でご紹介をしています。 ・レコードの削除どうしていますか? 〜kintone界隈の運用・ノウハウをまとめてみた〜・スペースのカバー画像をいい感じに設定するためのノウハウ・維持する?見直す?採番フォーマット まだ数は多くありませんが、これからどんどん記事が増えていきます。たまに覗いてみると、新しい発見があると思いますよ!ご活用いただければ嬉しく思います^^ kintone コミュニティ案内板に関するより詳しいご紹介は、ぜひ以下のリンクもご覧ください。・kintone コミュニティ案内板 - About This Page

コメント 0 いいね 18
キンスキ松井 | 08/24

kintone コミュニティの世界と繋がる!「他コミュニティを知る」について

ユーザー画像
キンスキ松井 | 08/24
  • 1-25件 / 全58件