トーク

ユーザー画像
2021/07/21 11:18

【入荷・出荷・在庫管理まわりの集計機能】

これまで自社ではあまり使用していなかった「集計機能」ですが、
入出荷CSVデータを活用した在庫管理方法について公式サポート窓口に相談したところ、活用可能性が広がるような返答をいただき嬉しくなりました。
今後、返答いただいた方法を含め、模索したいと思っているところです。

そこで、「集計機能」が活躍している場面(特に入出荷や在庫管理まわりで)があれば、どのような使い方をしているか教えてください!


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー
2件のコメント (新着順)
ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎
2021/07/23 01:36

こいさん

公式サポート窓口さんは親切と評判ですね。よかったです。

入荷・出荷・在庫管理ではないですが、ちょっとまえに、売上・入金・入金予定を管理するサンプルアプリを作成しましたのでリンク掲載します。

売上、入金、入金予定を管理するkintoneアプリを作る
https://note.com/46u/n/nec8556bb5b8d

売上と入金の関係は、入荷と出荷の関係と同じですね。
結果の出力にグラフの集計機能を活用しています。

参考になれば嬉しいです。



ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎
2021/07/25 23:13

koichiさん
コメントありがとうございます。
確かにレジから自動で値登録できたらよいですねー!

IoTの技術とかつかってできないかな。
M5Stackを「ポチッ」としてkintoneにレコード登録!
https://note.com/46u/n/nddb3014ad7c6


ユーザー画像
ユーザー画像
koichi
2021/07/23 11:11

西村さん
こんにちは。

この仕組み良いですね。
商店や飲食店で活用すれば、見える化や業務効率化に繋がりそうです。
レジから自動で値が更新されると、よりおもしろそうな予感。


ユーザー画像
ユーザー画像
koichi
2021/07/22 21:27

こいさん
こんにちは。

仕事柄、入出荷や在庫管理をする機会がないため、想像で回答させていただきます。

・品目ごとに現在の在庫数を集計する
→在庫数が少ないものが一目瞭然のため、入荷タイミングがわかる

・各品目の入出庫数を月ごとに集計する
→各品目の月ごとの傾向が見えるので、次年以降の計画が立てられる
  品目Aは春先に多く出る、品目Bは夏に多く出る。
  それを見据えて、その時期には多めに仕入れておく、予算立てに利用する。
  年間通して入出庫の少ないものは在庫ロット数を少なくする

いろんな条件で集計してみると、新たな発見があるかもしれませんね。