トーク

ユーザー画像
2021/07/19 23:41

「見積アプリ」からアクションボタンで「受注アプリ」に飛ばすようにしていました。
しかし、他のユーザーがアクションボタンで同じレコードを受注アプリに飛ばして、同じ様なレコードが二つ以上出来てしまう。という問題が起きてしまいました。
そこで見積アプリの一番上に「関連レコード」フィールドを設置し、受注アプリにアクションしたレコードを表示するようにしました。
今まで見積アプリで「このレコードは受注アプリにあるのかな。ないのかな。」といちいち確かめないといけなかったストレスが無くなりました!


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー
2件のコメント (新着順)
ユーザー画像
ユーザー画像
NSAS平野
2021/07/20 10:28

長野仁 さん
アクションボタンでは新規登録しかできないですね。

関連レコード一覧で存在するかどうかを事前確認チェックは良い考えですね。
以前見積→注文→請求をアクションでデータ連携させたことがありましたが
この時は
各レコード連携で注文アプリに参照見積番号、請求アプリには参照注文番号という項目を
項目連携して、参照見積番号、参照注文番号を重複不可キーとして
設定して、アクションレコード登録時に重複している際はエラーとなるようにしてました。

関連レコードで事前にチェックできれば、各注文情報、請求情報を追記
してエラーになるより良いですね。
ありがとうございます。


ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎
2021/07/20 05:36

長野仁さん

なるほど。
長野さんもコメントくださってる、わらべさん用に作成したテストアプリでやってみました。
https://kincom.cybozu.co.jp/chats/80s8rmynmioqpblw

これいいですね。^^
ありがとうございます。



ユーザー画像
ユーザー画像
長野仁
2021/07/21 13:39

そーですそーです!めっちゃいいんですよ!アクションを間違えてしちゃってレコード作っちゃってもその履歴がパッと見れるとこもいいと思ってます。アクション先のレコードのステータスを「非表示」とかにすればいいだけですし。レコード迷子問題にも関連レコードはとっても役に立つと思います。