トーク

ユーザー画像
2021/09/21 06:24

kintoneを使ってデーターを活用している例としてnoteを書きました。

kintoneとM5StickC Plusで自分史上最速を目指す話
https://note.com/46u/n/n7d9b447034c2

ほとんど趣味の話で恐縮ですが、「kintoneにデーターを入れて結局どうするの?」という質問は実際仕事でもよく指摘されてて、インプットした情報から得られるアウトプットを示すのは大事なんじゃないかと思います。アウトプットに納得したら使ってもらいやすいですし。

例えばグラフ化してなんらかの「気づき」を提供するまでのストーリーを提示する一例にはなるかなぁと思ったのでシェアします。


なんて、がんばって走ったからみてみてー♪が本音です。^^;


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー
2件のコメント (新着順)
ユーザー画像
ユーザー画像
澤田@マップクエスト
2021/09/22 10:05

西村様

400メートル走は正直驚きです!!
1分切りを目指して頑張ってください。応援します!!

日頃なんか頑張っていればなんとなく良くなっている気がする。。。から
可視化することから始まり、いろいろなことを考えるに繋がるを再認識しました。

仕事でも何らかの対策をすることを提案するときに
現状をデータ可視化で示して、それを分析して、対策へと繋げるストーリを
使わせてもらいます!!



ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎
2021/09/23 06:29

澤田@マップクエストさん

ありがとうございます!
1分切り頑張ります!

noteの記事は趣味で行ってることですが、お仕事の参考になるのならすごく嬉しいです!
ぜひぜひ使ってください。^^


ユーザー画像
ユーザー画像
koichi
2021/09/21 12:41

西村さん

note拝見しました。
1位おめでとうございます!速いですね!

M5StackC Plusとの連係も勉強になります。
やはり時代はIoTですね。



ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎
2021/09/22 01:39

koichiさん

ありがとうございます!

IoTご興味あればぜひぜひ!
主にTwitterでゆるっとやってますので、ご興味あれば #kintoneIoT部 タグでみにきてください! ^^