トーク

ユーザー画像
2021/08/05 17:20

kintoneとRPAを活用して
powerpointを使わないプレゼンテーションを検討中😀
(社内向け)

社内ではkintoneの開発事情があまり浸透していないため
アピールをかねて

流れとしては
わざとバラバラのアプリからkrew dateで情報を集めたら
プレゼン資料になった・・・
そこからRPAで時間管理しながら動く画面に合わせてしゃべる

という妄想をしました。

現在、模索中ですがkrew dateの実行などはpower automate desktopで実施済み
うまく出来ればいいなあ・・・


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー
1件のコメント (新着順)
ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎
2021/08/08 00:44

事務所の紳士さん

ええっ!kintoneの画面遷移をPower Automate Desktopで動かしながらプレゼン発表ってことですか!
それはすごい!面白い!

たしかにWeb上だけの操作ですのでRPAに向いてますし、krew dataなら見た目にも映えるプレゼンができそう。さらに実業務への利活用も可能。

まだまだ「RPAそれ自体の便利さをアピールするプレゼン」が多い中、「RPAを道具として使ってプレゼンする」という発想ですよね。

kintoneやkrew dataの良さをパワポで紙芝居的なプレゼン資料で説明するより、そりゃー、インパクトおおきいですよね。
前撮りした動画ではないので、途中で止めてちょっと変更したり詳細設定を表示したりアドリブも可能。

で、最後に「このプレゼンはWindows10なら無料で使えるRPA『Power Automate Desktop』を使用しました。」
とさらっといえば、RPAの便利さをあえて説明しなくても十分ですよね!


えっと、ちなみに私のPADの経験値は、インストして勉強会で教えてもらった内容をちょこっと試した程度
https://kincom.cybozu.co.jp/chats/krqbletfjdwxyqlu

できるPower Automate Desktop(あーちゃんの本)は発売後そっこーで買いました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4295011754

ただ、実際になにからRPA化しようかと思ってたところ、事務所の紳士さんより「プレゼンをRPA化」というすごいアイデアをいだだきました。RPA自体の練習にもなりますしこれはよいですね。私もやってみたい。

ありがとうごさいます。参考になりました!
またなにか進展あれば、ぜひぜひ情報シェアしていただければ嬉しいです。



ユーザー画像
ユーザー画像
事務所の紳士
2021/08/11 09:39

kintone内のボタン操作(マウス移動含む)はPADの仕様上、画像認識がオススメです。
リンク先を専用の画像(ラベルを利用)等にして認識させる等も有効かと思います。

ページ読み込みなどの時間をwaitで操作しますが、発表する場所のネット環境などには注意が必要になりそうです。


逆に共有できる情報をお持ちであれば、お知らせ頂ければ幸いです。