トーク

はじめまして。
関西、関東、東海、北陸、中国の各地方で調剤薬局を展開するサエラ薬局グループで、
・Web媒体
・紙媒体
・地道なIT化推進
・業務改善
などを行っているオジサンです。

kintoneは2018年12月に導入を決め、実運用は2019年の2月から。
基本的にはコンダクター兼コンシェルジュでありたいと思っているので、アプリの作成権限は割とゆるめにしています。

若い従業員が「モヤモヤ」を抱えず、前向きに仕事が出来るよう・・・と思いつつ、あまり力になれてないのが悲しいです。

若い従業員やkintoneについて行けなくなるまで頑張ります!


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー
1件のコメント (新着順)
ユーザー画像
ユーザー画像
西村 志郎

サエラたなかさん

「コンダクター兼コンシェルジュ」、「アプリの作成権限は割とゆるめ」
いいですね。わたしも同じ感じです。

アプリの作成権限をどういういう基準で付与しようか私も迷いましたが、結局やる気のある人にはやってもらった方がよい結果になるようです。

管理が行き届かなくなったり、同じようなアプリが複数作成されたりする懸念もありますが、
作ってもらったアプリより、自分たちで作ったアプリの方が愛着を持って使ってくれますし、思いもよらない良い使い方や運用をあみだしてくれたりして、メリットの方が大きいと感じています。

今後ともよろしくお願いいたします。



ユーザー画像
ユーザー画像
サエラたなか

遅くなりましたが・・・返信ありがとうございます。
弊社はまもなく3年目に突入という状況なのですが、
アプリ数:132/1000
最新のアプリのID:603
最古のアプリのID:62
これは、権限を与えた従業員が試行錯誤してきた足跡ですね。
生存率20%ほどですね!

同じようなアプリが複数出来た場合は
・これ、まとめた方が便利になるで
・別部署でも一緒に使えばええやん
みたいにアドバイスするか、複数部署で使うアプリは私の直轄にしていたりします。
これは導入時に環境整備として行ったのですが、だれかに引き継がないまま・・・という状況ですね。

また、定期的に
・使わへんアプリの掃除してください!
と流すようにしています。

生存率20%をもうしばらく維持できるといいのですが・・・。